謹賀新年 2018年→2019年 (エナーバンク)

新年明けましておめでとうございます。


エナーバンク代表取締役の村中健一です。

会社を設立し半年、さまざまな方にサポートいただき、新しい年を迎えられたことに感謝します。

昨年2018年の振り返り今年2019年の意気込みを書きました。


2018年はどんな1年だった?


- 3月

創業メンバー3名でエネルギー×ITの領域で旗を立てようと決意しました。蓄電池導入効果・電気料金診断サービス「エネがえる」を作ったCOO佐藤がメンバーに加ったことで話が大きく前に進みました。


- 5月

ゴールデンウィークの10日を使い、大森の3畳の小さな部屋に集まり、開発するプロダクトについて毎日議論し仕様を詰めていきました。今思うと、ここでメンバー間の共通認識と、起こり得る課題を事前に想定できたことはその後の開発に大きくプラスになりました。

ccc.png

- 7月

7月10日「エネルギーをもっとシンプルに」をミッションに掲げる株式会社エナーバンクを創業しました。エネルギー領域に特化し、テクノロジーとアイデアの力でリーンにプロダクト開発に取り組んでいくそんな新しい会社に取り組んでいます。

cover.png


- 10月

創業から3ヶ月、電力に特化したリバースオークションをリリースしました。電力オークションサービス"エネオク"は法人のお客様と電力会社様をマッチングする、使い勝手にこだわったサービスです。トライアルでも高い評価をいただき、プロダクトに自信を持っています。

スクリーンショット 2019-01-01 15.10.21.png

-営業開始

全国エリアで営業を開始しています。
MAKOTOさんの本気で実行する自治体職員のためのコミュニティ、after.FITさんの新電力と再生可能エネルギーセミナーで登壇しエネルギーについて世の中に発信するという機会もありました。

12月には新しいメンバーも加入し、1月から強化した体制で営業活動を行っていきます。



2019年はどんな1年にしたい?

今年は攻めの年にしていきたいと思っています。

昨年は内部でまとまりチーム力プロダクトに集中するフェーズでした。


今年は育ててきた種を成長させていくフェーズだと考えています。

事業の成長と共に、私含めメンバーの一人ひとりが成長し、それぞれのスキル・領域でNo.1人材になっていくことが楽しみです。

1日1日を大切に、パートナー様との関係を深め、世の中に必要とされるプロダクトを追求していきたいと思っています。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

株式会社エナーバンク
代表取締役
村中 健一